コラム編

最後はコラム編!
勝つために知っておきたい必勝コラムを紹介するよ!

最後はコラム編!勝つために知っておきたい
必勝コラムを紹介するよ!

レース場の傾向

手堅い配当が出やすいレース場表BEST3

3連単配当が990円までの手堅い『3桁配当』比率が高い(よく出る)場は、 インの強い場とほぼ重なっている。ベスト3は①芦屋、②尼崎、③大村で、上位は徳山から西の場が多い。芦屋ではなんと26.6%を占めている。

手堅い配当が出やすいレース場表
手堅い配当が出やすいレース場画像

大穴が出やすい傾向のレース場BEST3

逆にその比率が低い(3桁配当があまり出ない)場のベスト3は①江戸川、②戸田、③平和島で、 センターやアウトの出番が多い関東の場がトップ3を占めている。芦屋と江戸川を比べれば、実に3分の1以下だ。

大穴が出やすい傾向のレース場表
大穴が出やすい傾向のレース場画像

※2022年6月時点

レース別払戻分布率

レースのグレードやシリーズ別の配当分布も知っておこう

レースのグレードやシリーズ別の配当分布も知っておこう

目立つのは、3桁配当が記念(SG・GⅠ・GⅡ)で少ないことと、ルーキーシリーズで多いことだ。逆に1万円以上の“万舟券”は、記念とマスターズリーグではその比率が高い。選手の力量が接近している記念は比較的荒れやすく、逆に力量差が大きいルーキーシリーズは堅い配当が多い。

※全レースの約9割はGⅢあるいは一般戦なので、この二つの項目は近い数字となる。また「女子戦」の項目には、オールレディース・ヴィーナスシリーズの他、レディースチャンピオンなども含む。

レース別の払戻金分布率(%)

レース別の払戻分布表

(集計期間:2021年5月1日〜2022年4月30日)

選手と傾向

選手の数は16000人。それぞれの選手に階級があることにも注目だよ!

選手の数は16000人。それぞれの選手に階級があることにも注目だよ!

級別選手数割合の円グラフ

最近3期の級別選手数とボーダーライン勝率

最近3期の級別選手数とボーダーライン勝率

※2022年6月時点

選手の数は約1600人。半年ごとに成績でクラス分けをされる。A級になると出走回数も多くなり、獲得賞金も増えてくる。さらに記念レースの多くはA1級でないと出られないので、このトップグループに入るのが多くの選手の目標となる。

A2級は全選手の約20%で325人前後、勝率は5.40前後がボーダーラインとなる。A1級も同様に全選手の約20%で325人前後、勝率のボーダーは6.20前後となる。なお全選手の平均勝率(中央値)は、最新のランク分けにおいては800位で5.08となっている。

A1級選手の登録番号別選手割合の円グラフ

A1級選手の登録番号別選手数

A1級選手の登録番号別選手数の表
A1級選手の登録番号別選手数の表

※2022年6月時点

トップクラスのA1級を登録番号別に調べたのが上の円グラフだ。
4000番台前半の選手が45%近くを占めており、年齢的には30代後半から40代前半の選手が多い。体力とレース経験の上に、整備力も備えた世代といえるだろう。そしてその前後である3000番台後半(40代後半から50代前半が中心)と、4000番台後半(20代後半から30代前半が中心)の選手が約24%ずつ。5000番台の新鋭はまだひとりしかいない。