CLOSE
社会貢献
社会貢献

熊本地震による被災地復興を願って、動いたレーサーたち。

現地でできること。遠くにいてもできること。

熊本県益城町において復興支援ボランティアを実施。倒壊した家具や瓦を取り除き、屋内に残された文化財、農機具や家財等の搬出作業を行った。また、現地に足を運ぶだけでなく、レーサー同士が協力して賞金の一部を寄付したり、優勝したレーサーによるまとまった金額の寄付も行われ、さらに街頭募金活動もさまざまな場所で実施された。

台風の被害を受けた、岩手県岩泉町安家地区でのボランティア活動。

大量の土砂や流木を、スピーディーに運搬。

関東地区のレーサー11名が日本財団並びにボランティア支援団体「オープンジャパン」によるコーディネートの下、平成28年の台風10号の豪雨により被害を受けた岩手県岩泉町安家(あっか)地区においてボランティア活動を行った。まだ土砂や流木が多く残る現場で、お互いに声を掛け合いながら大量の土砂を一輪車に積む、運ぶの作業を繰り返すことで、安家地区の復興に携わった。

ボートレースは、県・市・町といった地方自治体が主催しています!

ボートレースを主催しているのは県や市や町といった地方自治体。「施行者」と呼ばれています。複数の自治体によって構成されているものもあり、全国で103の自治体が関わっています。

全国のボートレース場

収益金について

ファンが舟券を買うことによって得られる売上のうち、75%が払戻金に充てられ、その残りから開催経費や法定交付金を差し引いて残った金額が、地方自治体の収益となります。

収益金の使い道について

ボートレース創設から2015年度までの64年間で約3兆8,700億円が地域社会のために役立てられてきました。主な使い道は、教育費や土木などのインフラ整備、民生費など多岐にわたります。

©2017 TELEBOAT ALL RIGHTS RESERVED.

©2017 TELEBOAT ALL RIGHTS RESERVED.

Top